Macをクリーンインストールする際の注意点と手順

Macのクリーンインストールとは?

OSの初期化と再インストールをすることをクリーンインストールといいます。なんかめんどくさそうですが

・間違えて古いバージョンのOSをインストールしてしまった

・メンテナンスしてみても不調が治らない

・メジャーアップデートする時(クリーンインストールしてからの方が容量を十分使える)

・Macを売ったりするので情報をまっさらにしたい

・プログラミングしていてミスってMacが動かなくなった

というようなとき使う技です。やばいなというとき自力で状況を打破できるので習得しておくといいでしょう。ちなみに何かあっても元に戻せるように時々PCをバックアップしておくのをお勧めします。クリーンインストールの練習をする時もきちんとバックアップしておきましょう。

ちなみにうまくいかないときはことごとく詰まることがあるので休みの日など時間のあるとき行いましょう。

1、まずはMacをバックアップしよう!

Macをクリーンアップする時の手順その1です。まずはMacをバックアップしましょう。クリーンインストールを失敗した時すぐに元に戻せてなかったことにできるので便利

2、OSを最新版にしておこう

普通にMac App Storeから最新のOSをインストールします。こうしておく方がクリーンインストールがスムーズです。

アップデートできたらMac上部にあるメニューバーのリンゴマークをクリックしてシステムを終了させます。

電源が切れたらcommandとRボタンを押した状態で電源を入れます。

「ジャーン」という音がなったら電源ボタンから手を離します。

アップルのロゴであるリンゴマークがでたらcommandとRボタンからも手を離します。

言語を選択する画面になるので日本語を選択します。

MacOSユーティリティーという画面になったらディスクユーティリティーを選択します。

Macintosh HDという項目を選んで消去を押します。

消去しますか?というダイアログが表示されるので、Mac OS Extended(Journaled)を選択して消去します。

それが終わったらWi-Fiに接続してOSの再インストールをします。

からになったハードディスクを選択してOSをインストールします。その後は各種初期設定をします。

 

順調に言ったらこんな感じで行います。もし失敗した場合、どの工程でうまくいかなかったかにもよりますが元々のOSをインストールして、もう一度アップデートしてそれからクリーンインストールに入るというような工程になるかと思います。

失敗すること前提でバックアップはしっかり取っておきましょう。