GitHubに登録する方法・やり方

Githubは書いたコードを書いた順に保存できるサービスです。機能を付け加えるたびにそのコードを順番に保存していくと、何か大きなトラブルがあった時にそのトラブルの原因となる機能をつける前に戻れるので大変便利です。

複数人で作業するときも、各々作業をして終わったらその機能を保存して合体させることができるので大勢で作業したい場合に便利です。Githubを使うためのユーザー登録はどのように行うのでしょうか?

 

Githubへの登録方法

Githubへの登録のやり方をご紹介します。まずgithub.comへ行き一番上にユーザー名・メールアドレス・パスワードを入力します。このユーザー名は他人にも見せること前提で考えましょう。

 

次にどのプランを選ぶか決めます。通常使用する場合はフリープランで問題ないでしょう。企業として大勢で利用する場合は有料プランが良いかと思います。

プランを選択したら下の緑のボタンを押して確定します。

 

次の項目ではどういう目的で利用するの?というようなアンケートがあります。一番下の緑のボタンの隣にはスキップというリンクもあるので、答えるのが面倒ならスキップしても大丈夫ですよ~

 

お疲れ様です!ユーザー登録できました。

次回は実際にGithubを使うときの使い方を見ていきます。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA