Gitを簡単管理!SourceTreeの使い方

前回はWindowsにSourceTreeをダウンロードしました。今回はGitHubと連動させて実際に使ってみたいと思います。

GitHubのリポジトリをとってこよう

まずGitHubに練習用のリポジトリを作りましょう。リポジトリの作成画面に行き、リポジトリ名を入力します。赤い丸を付けているところがあるのですが、そこにチェックが入っていることを確認してください。

READMEファイルというものはほかの人とファイルを共有するとき必要なもので、GitHubでコードを共有するとき必要になります。自分だけで作るにしてもGitHubでは作っておかなければいけないもので、後から作ろうとすると面倒なので必ずチェックを入れておくようにしましょう。

終わるとこんな感じでREADMEファイルだけがある状態になりました。

それではこのリポジトリを自分のパソコンにコピーして操作できるようにしましょう。この工程をクローンすると言います。

一番右に長方形の緑のボタンがあります。これを押すとURLが表示されるのでコピーします。

左側に「新規/クローンを作成」という項目があるのでクリックするとこのようなダイアログが表示されます。一番上に先ほどコピーしたURLを入れます。下は自分のパソコン内でファイルが置かれる場所を示しています。右側の「….」となっている部分をクリックしてファイルを置く場所を決めましょう。

クローンし終わるとこんな感じの画面が出てきます。それぞれこのような役割をしています。

では実際に使ってみましょう。管理人の場合、今回管理するファイルが置かれているのはパソコンのドキュメントという場所です。ドキュメントの中に置かれたフォルダーにsample.htmlと題してファイルを作りました。

新しいファイルをパソコン上で作ったらSourceTreeの画面に戻ってみましょう。

上の段にコミットされてないものがあるという風にコメントが出ます。クリックするとしたの画面に保存がまだのファイルが現れました。そのファイルをクリックしてみると右側にどんな内容か表示されました。右上のステージへというところを押すと保存するための設定ができます。

先ほどのボタンを押すと作業ツリーのファイルという項目の上のエリアにファイルが移りました。この状態で上のメニューにあるコミットという項目を使うことができるようになりました。

押すと何かダイアログが開く場合もありますが、キャンセルしても大丈夫です。こんな感じの画面になるのでどういった内容の保存なのかコメントを書いてコミットボタンを押します。

こんな感じでコミットできました。ただまだGitHub上には反映されていません。左上にプッシュというボタンがあります。これを押すことでプッシュできます。

このままプッシュを押すとMasterという保存先に保存されます。今はマスターしかないのでプッシュしましょう。設定によってはGitHubにログインしてくださいとダイアログが出る場合があるので、その時は登録したメアドとパスワードを入力してください。

これでオンライン上のにファイルを保存することができました。