MacでPHP学習するためにMAMPを入れる。設定と使い方について

Windowsユーザーだったのですが、訳あってMacを使わなければならない状況に。MacでもPHPの学習をしようとMAMPを入れることにしました。MAMPを使うための設定と基本の使い方を調べたのでメモ

MAMPをダウンロードしよう

MAMPとはプログラミングをしたアプリケーションを動かす環境を全て揃えてくれている便利な道具です。これ一つインストールするだけで、細々した道具を全て揃えることができます。

初心者が勉強する時、環境構築に時間を取られないようこれを使うと良いです。

MAMPはこちらのサイトからダウンロードできます

MAMPのダウンロードはこちら

MAMPと書いてある方をダウンロードしましょう。ダウンローダーを入れ終わったらダブルクリックなどをしてダウンローダーを起動し、そのままダウンロードします。

MAMPの初期設定

MacのFInderからアプリケーションへ移動するとMAMPのフォルダーができていると思います。その中にMAMP本体が入っています

MAMPを起動させましょう

起動させたら設定をクリックします

 

基本的にデフォルトで問題ないのですが、ポート番号の設定を変えておくと楽なので見て見ましょう。

ポート番号のデフォルトの設定がこちらです

これでも問題ないといえば問題ないですが、ブラウザで見る時いちいちポート番号を入力しないといけません。なので一番下のMysql ports toというボタンをクリックしましょう。

こうすることでブラウザでアクセスする時ポート番号を省いてlocalhostと入力するだけでアクセス可能になりました

通常簡単な学習程度であれば後の設定は特にいじらなくて大丈夫です

php.iniを編集しよう

タイムゾーンの設定などが書かれたファイルになります。これはみんな変更しなければなりません。このファイルはPHPのバージョンごとに用意されています。利用するPHPのバージョンは先ほどポート番号の設定をしていた画面のタブを切り替えるとわかるので確認しましょう。

php.iniファイルは各PHPフォルダーのこの部分にあります

あくアップを取ったのちタイムゾーンがベルリンになっているので日本に直します

date.timezone = “Asia/Tokyo”

実際にできたかを確認するにはMAMPフォルダーの中にあるhtdocsフォルダーに中にindex.phpファイルを作り、

<?php
echo date(“Y-m-d H:i:s”,strtotime(“now”));
?>

と入力しましょう。

そして、MAMPのサーバーを起動させてhttp://localhost/index.phpにアクセスします。現在時刻が表示されて入れば成功です。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA