XAMPPをwindowsにインストールするやり方

PHPでWebアプリケーションを作りたいと思っても、いきなりプログラムを書くことはできません。情報を入れるデータベースが必要ですし、動作確認をするためにサーバーが必要です。

全てを自力で準備するのは大変なのでXamppを使いましょう。Xampp一つをダウンロードするだけで全部ついてきますw

Xamppのダウンロード方法

Xamppの公式サイトに行きます → Xampp公式サイト

ダウンロードボタンをクリックしてダウンロードしてください。警告メッセージなどが出ますが、すべてYesで進みます。

Nextで次に進んでください

どの機能を使いたいですか?と聞かれます。基本的に全部ダウンロードしちゃいましょう!全てにチェックが付いていることを確認したら次に進みます

 

どの場所にXamppを保存しますか?と聞かれます。不具合防止のためにもC:¥xamppとなっているほうが良いです。これはCドライブというところに保存するという意味です。ちなみに1Gの容量のデータが入るので、Cドライブがいっぱいだとエラーになるかもしれません。

 

Bitnamiというまた違うフリーのソフトウエアの宣伝見たいなものです。Xamppだけしかいらないという場合はチェックを外して次に進みましょう。

次に進むとインストールしていい?と聞かれるので次へを押してインストールに取り掛かります。

このとき、apachなどがパソコンに変更を加えようとしていますのような警告が出るかもしれません。その際も許可するなどしてください。

次回はXamppの具体的な使い方を見ていきます(`・ω・´)シャキーン